DJ Nelson

DJ Nelson

The Flow

(1997)

レゲトンの進化過程に於いてシンギュラルティに達した画期的な作品。DJ Nelsonは1994年に結成されたレゲトン・グループ”The NOISE”に参加はしていたが、このアルバムが彼の実質的なファーストアルバムになる。”The NOISE”は初期レゲトンの普及に貢献したのは事実だが、DJ Negloによる「アイドル的グループとして売る」という姿勢が見え過ぎてしまって、レゲトン正史(そんなものがあればだが)からはどーしても外されてしまう残念なグループだ。話を戻すと、”The NOISE”で裏方としてサウンドを作り、様々な試行錯誤を経て、レゲトンの”コア”となるビートを見つけた彼はその成果をこのアルバムに全てぶち込んだ。彼が初めて自由に作れたアルバムであり、”The NOISE”のメンバーもMCで参加しているが、完成度は”The NOISE”の作品より、こちらの方が圧倒的に高い。”The Flow”というタイトルにも重要な意味があって、Ivy Queenとの共同作業の中で”メロディー=フロウ”の重要さに気づいた彼は、RAPとの差別化をより鮮明にするために、この”Flow”を全面に押し出す。レゲトンの定番のサウンド・スタイルはこのアルバムでほぼ完成されたと言って良い。また、彼は商売人としての才能にも長けており、後に”Flow Music”というレーベルを設立し、新人発掘に加え、クラブ経営、アパレルブランドなども手がけるようになり、レゲトンを”Underground”から引き上げ、プエルトリコ発の新しいカルチャーとして世界に向けて発信するようになる。今でもレゲトンの”パパ”として一線で活躍している。この彼の商売人としての一面は賛否もあるが、このアルバムがもたらした功績と価値は少しも揺らぐことない。レゲトンを知る上で絶対に避けては通れないアルバムである。

UnknownOJI

from North Side Tokyo OJI, wiz LOVE.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »