Teresa Winter

Teresa Winter

Love Crime

2021

可憐なルックスのモジュラーシンセお嬢様、テレサ・ウィンターのBoomkat/Documenting Soundから今年届いたカセット作品。低周波BASSと壊れたD’nBに乗る可憐なヴォイスが相変わらず心地よいです。今までの彼女のアルバムと比べても遜色のない楽曲の出来なのですが、ここで一つ難点が。。。。マスタリングのバランスが悪すぎます。楽曲ごとにヴォリュームなのかゲインなのかは分かりませんが、音量・音圧が揃ってないのは聴いてて非常に残念な感じです。まぁ、シリーズの性格上、「デモテープをそのままリリースしました!」ってことなんだろうけど、楽曲がどれも良いだけに消化不良感が残ります。でも逆にマスタリングって大事なんだなと改めて思いました。D&Mなどのマスタリング職人さんの地位がここ数年急速に高まった気がするのですが、こういうラフ音源に磨きを掛けて仕上げていたのは彼らの手腕なんですね。この作品もD&Mさんにマスタリングして欲しい!

UnknownOJI

from North Side Tokyo OJI, wiz LOVE.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »